第恵董‥纏匳饑劼鯣稜笋い燭靴泙靴植

  • 2020.07.31 Friday
  • 14:50

こんにちは 森林インストラクター岳です♪

 

コロナウイルスの感染者が増加していますが、お元気ですか? 

 

 

さてアマゾンKindle版で、第恵討箸覆襦愎肯咼ぅ鵐好肇薀ター岳の秋田駒ケ岳・自然観察トレッキング』を発売いたしました。(税込み価格770円)

この電子書籍第恵討蓮2019年6月27‐28日に花の百名山、秋田駒ヶ岳〜乳頭温泉を自然観察×トレッキング。自炊で避難小屋に宿泊し縦走した記録です。高山植物を中心とした沢山のカラー写真に解説を加えた、デジタルカラーガイドブックになっています。東京から夜行バスを使ってのアクセス方法や避難小屋に宿泊する方法など、これから秋田駒ヶ岳に登る方は、ご参考にしていただければと思います。姉妹書に第1弾『槍ヶ岳・自然観察トレッキング』、第2弾『富士山・自然観察トレッキング』がございますので、こちらもお楽しみください♪(共に税込み価格770円)

 

 

第1弾『森林インストラクター岳の槍ヶ岳・自然観察トレッキング』は、なんと26年ぶりの同日に槍ヶ岳を目指して登頂できた、リベンジの記録です♪ 燕岳〜大天井岳〜槍ヶ岳へ、東鎌尾根(表銀座)の高山植物や小動物の写真を盛りだくさんに収録しました。槍ヶ岳の雄姿、穂高の景色が楽しめます。これからテント泊で槍ヶ岳に登る方へのアドバイスも沢山あります。来年、ぜひ槍ヶ岳に登ってください♪

 

 

第2弾『森林インストラクター岳の富士山・自然観察トレッキング』は、2002年から2019年まで、6回登った富士山の記録をまとめたものです。富士山駅〜富士山五合目、お中道散策〜三合目下山、富士山五合目(佐藤小屋)〜剣ガ峰登頂、須走口新五合目〜剣ガ峰登頂、富士山御鉢巡りなど。いろんな方法での富士山の楽しみ方をお伝えしています。「富士山は見るもので登るものじゃないよ!」という方、「もったいないですよ〜(^-^)♪」富士山を楽しむ方法をお教えいたします。来年、富士山に登りたくなること必至です♪

 

アマゾンKindleストアの上部の検索で「森林インストラクター岳の」と入れていただくと掲載されます。

よろしくお願い申し上げます。

岳の自然観察トレッキングにご参加の皆様へ♪

  • 2020.07.29 Wednesday
  • 22:40

こんばんは 森林インストラクター岳です♪

 

お元気ですか(^‐^)V 

ボクはバリバリ元気です♪

 

さてコロナウイルスが、いつまでたっても終息しませんね〜。

そこで 岳の自然観察トレッキングに参加される皆様に、お願いがございます。

 

開催日4日前から、毎朝、体温を検温してください。

そして1日でも37.5度以上あった場合は、参加のご辞退をお願いいたします。

当日の朝も必ず検温をお願いいたします。

 

またご家族、ご一緒にお住まいの方に風邪の症状や頭痛、嗅覚・味覚障害などの感染に疑わしい症状が

出た場合は、必ずご連絡いただき、参加をご辞退ください。

 

ご自分の健康に自信のある方のみが、参加資格のあるイベントにいたします。

参加人数は、毎回5名募集いたします。

 

皆様が安心して参加できる山行にしたいので、ご協力をよろしくお願いいたします。

 



レンゲショウマ ブナの森に自生していました。 

 

さて次回は、8月13日(木)に三頭山もしくは浅間尾根を縦走いたします。

目的はレンゲショウマを見に行くのですが、最近はシカの食害にあっているそうです。

どちらか多く見られる場所に決定しますので、行先はもう少しお待ちください。

 

集合場所 武蔵五日市駅8:30頃集合 9:00のバスで出発します。

参加費 2,000円 

募集人数は 5名

 

当日は、たぶん梅雨明けしていると思いますので、熱中症にお気をつけください。

昼食持参、水分は1.5L以上お持ちください。

気温が高くなりますので、ホットコーヒーはご用意いたしません。

各自、冷たいものをご用意ください。

バスや電車などの交通機関ではマスク着用、接触感染予防にお気をつけください。

山を歩くときはマスクを外してください。

熱中症にお気をつけください。

よろしくお願いいたします。

 

レンゲショウマの咲く森

  • 2020.07.26 Sunday
  • 07:49

おはようございます♪ 森林インストラクター岳です。

 

先日は御岳山でレンゲショウマを見に行けなかったので、以前に撮影したレンゲショウマの写真をアップします。

今年は平日、人の少ない時間帯に、4,5人で見に行きましょうか?

自然に咲いているものを。



レンゲショウマ ブナの森に自生していました。 

 

 

7月24日(スポーツの日)は♪

  • 2020.07.20 Monday
  • 23:07

こんばんは 森林インストラクター岳です♪

 

23日(海の日)に川苔山を予定していましたが(コロナの影響で、三ツ峠山から東京都内の山へ変更しました)…

そろそろ梅雨明けしそうですよね♪ お元気ですか(^‐^)v

 

奥多摩観光協会に問い合せたところ、昨年の台風19号の爪あとで、百尋の滝までの登山道が現在も不通。

それ以外のルートでの川苔山は時間がかかり過ぎて、無理と判断しました。

 

24日(スポーツの日)は大岳山へ行きませんか? 中級コース

天気予報は曇ですが、それ程暑くないと思います。奥多摩駅9:00頃集合

奥多摩駅から愛宕神社登山口へ、鋸尾根を登ります。鋸山まで3時間で、昼食。

大岳山まで2時間。綾広の滝、七代の滝経由で、御岳山へ。

レンゲショウマの花を見て帰りましょう♪

その後ケーブルカー、バスで御嶽駅へ下山します。

 

23日はゆっくり休養をとっておいてくださいね。  気温が高いので、ホットコーヒーは止めますので、お茶やジュース類を1.5L位お持ちください。お弁当、行動食もご用意ください。

約7時間歩きますので、荷物は軽量化して ください♪

参加費は3000円(最小催行3名)です。

 

ご参加よろしくお願いいたします。

 

そして月末予告ですが…

7月31日−8月1日(金土)は、八ヶ岳への山行が難しいと判断した場合の代替え案として…

 

首都圏の山である、大室山と加入道山へ行きます。

富士山の好展望地ですね♪

日帰りは無理なので、加入道山の避難小屋に宿泊する予定です。

自炊道具と食事、寝袋持参での、上級者コースになります。

体力が十分にあり、アルプスに行きたくともいけなかった方を3名募集いたします。

ルートはこれから計画いたします。

参加費は5000円、3名限定募集です♪

 

体力に自信のある方、エントリーしませんか? お待ちしています♪(^‐^)v

 

 

日本二百名山、花の三ツ峠山へ行きませんか♪

  • 2020.07.16 Thursday
  • 14:52

こんにちは 森林インストラクター岳です。

 

次回の三ツ峠山のご案内です♪

 

現在、富士急山梨バスの三ツ峠登山口、天下茶屋行のバスは運休中です。

23日からの4連休も運休するそうです。

したがって23日はタクシーを使います。三ツ峠山登山口まで約6,000円だそうです。

2日前に6人乗りのタクシーが予約できます。6名なら1人1,000円になります。

 

今年は海の家も休むところが多く、富士山、南アルプスが山小屋休業。

夏の休暇を楽しめるところが激減しています。

今年は登山も行けるところは限定されます。

 

山の自然は、マスクを外して安全に、解放感を味わえる場所だと思います。

少人数の募集で、コロナ対策済の安全な宿泊場所、自然の豊かな山をご案内いたします。

健康な方、体力万全な方のみがご参加いただけます。

ご参加いかがですか? 

 

7月23日(海の日) 三ツ峠山(1,785m開運山) 河口湖駅9:00集合  タクシーで9:10出発♪ 初級コース

三ツ峠登山口9:20着→三ツ峠・開運山→木無山→母の白滝→河口浅間神社→河口局バス16:48(15:49)発⇒河口湖・開運の湯約1時間→河口湖駅 バスタ新宿から河口湖駅行きの高速バスがありますが、連休初日の高速道路渋滞で30分以上遅れます。朝は電車をご利用ください。河口湖駅は、外国人観光客の激減で空いてますのでご安心ください。なおマスク着用、アルコールジェルなどで、各自コロナ対策をよろしくお願いいたします。

募集人数は5名限定♪(最小催行3名) 参加費はコロナ対策割引3,000円(別途交通費、ハイキング保険未加入の方は、AIG国内旅行傷害保険500円)、昼食、行動食、飲み物などをご用意ください。

 

7月31日(金) 小淵沢駅集合 15:00と20:00(当日お仕事の方も参加できます) 

八ヶ岳・西岳〜編笠山 7月31日(金、前夜泊)-8月1日(土)  中級コース

集合時間は2便に分けて、早い到着組は立ち寄り、ペンションKEY NOTEで夕食付き。遅い時間に到着する組は立ち寄り、宿泊のみの選択ができます。スタッフは八ヶ岳山麓在住の中井さんがサブリーダーでサポートします。※当日はペンション貸し切りになりました。

募集人数はラッキー7の7名♪(最小催行5名) 参加費12,000円、宿泊費5,000円(夕食付き)、3,000(素泊まり)、朝食おにぎり弁当500円 ※別途交通費、ペンションから登山口まで、登山口から小淵沢駅までのタクシー代(人数割)、ハイキング保険未加入の方はAIG国内旅行傷害保険500円をご利用ください。

 

 岳の自然観察トレッキングの特典は 
 ー然の美しさ、素晴らしさを知る。 樹、花、鳥、虫のことを理解できるようになります。
 昼食時に温かいコーヒー(紅茶)をお入れいたします。マグカップをご持参ください。
 8綟、記念写真をお贈りいたします(※住所が必要)。
 な臀舷与瑤郎蚤10名。歩くペースがゆっくりで、写真を撮ったり、バテ無い歩き方を推奨。

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
nt121212take(あっとまーく)ezweb.ne.jp (スマホ受付になりました)

 

〇臆弾〒・住所氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレスη齢、生年月日Г海譴泙任療仍碍亳海覆匹魘気┐討ださい。自己紹介(自分を動物に例えると何?)を考えてきてね♪

ご予約は3日前に〆切らせていただきます。前日のキャンセル料は準備が済んでいますので参加費の50%、当日不参加については参加費全額のキャンセル料を申し受けます。ご協力よろしくお願いいたします。

 

ご参加お待ちしていまーす♪(^‐^)

尾瀬ヶ原での発見!

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 20:33

こんにちは 尾瀬自然ガイドの岳です♪

 

バスタ新宿から7:15発の高速バス「尾瀬号」は、定員を半分に減らし20名乗車としていましたが、実際に乗っていたのは15名でした。尾瀬戸倉に30分早く着き、ボクら6人と1人の乗る鳩待峠行のマイクロバスは予定より早く出発して、11:00には鳩待峠に到着。トイレ休憩や昼食や、体操、自己紹介を済ませて11:45に出発しました。

鳩待峠もボクら以外数名しかおらず、静かな尾瀬のスタートです♪

 

秋の尾瀬にも参加いただいた、尾瀬常連の皆様です。

今日は山の鼻〜尾瀬ヶ原散策予定ですから、登山ではなく、約200mの下山です。

 

オオカニコウモリ 葉の基部や葉柄が濃い紫色になる 艶のある黄緑色の葉が綺麗だった。

ワタリガニの甲羅とコウモリの羽を思わせるからの名前

 

線香花火のような繊細な花はミヤマカラマツ カラマツの葉に似ているから

 

レイジンソウ 猛毒のトリカブトに近い仲間 キンポウゲ科

キンポウゲ科はアルカイロイドを含み有毒植物が多いが、一部は漢方薬や医薬品にも用いられている。

 

至仏山が見えた 今日登れば最高なのになぁ〜♪

 

ミズキの花にアオジョウカイが花粉を食べに来ている。交尾中

ジョウカイボン科はカミキリムシに似ているが、ホタルに近い仲間で肉食です。

 

ギョウジャニンニク 葉はニンニクの味、1度南アルプス広河原で食べさせてもらったことがあるが、30年も昔。

また食べてみたい♪

 

約1時間で山の鼻小屋に到着して、ザックを置かせていただき、サブザックで尾瀬ヶ原散策に出た♪

竜宮あたりまで行けるかなぁ〜

 

ワタスゲとサギズゲが並んで群生していた。ワタスゲシーズン真っただ中!

天気は曇りで無風、湿原は涼しかった。ほかに人が2,3人、ほぼ貸し切りだった。

皆、マスクをしないで歩ける解放感に浸っていた♪(^‐^)v

 

カキツバタも多かった

 

ヒオウギアヤメは山の鼻小屋近くに1輪あっただけだったが…

 

残りミズバショウ でっかいミズバショウもほとんど無かった

 

カラマツソウ 尾瀬では湿原内に生える

 

シカがキョトンとこちらを見ていた。

 

そのあと「クマがいる!」とゾウさんの声が…

シカの右手の方、木道から約100mは離れた湿原内に黒い熊が1頭いる。遠すぎてサイズはわからなかった。

初めて熊を見たが、理想的な距離の発見だった♪

僕は頭と耳、背中しか見られなかったが、すぐ草原に隠れてしまった。人間が木道以外には入れないのを知っていて、十分に距離が保てているのでクマも安心しているのだろう。

熊の活動する夕方〜早朝に湿原に出なければ、クマが木道にやってくることは無い。

クマ鈴をつけて、鉢合わせを避ければ心配はいらない。熊と共存できているのが尾瀬じゃないかなぁと思う。

また一つ尾瀬の魅力を見つけた。

 

至仏山が頂上まで見える。針葉樹林帯の境目がはっきりわかる。あそこから上が蛇紋岩地帯なのだろう。

1800mあたりが森林限界なのです。

 

ハルジオン 山の鼻小屋の前

 

ヤマオダマキ 山の鼻小屋の前

 

燧ケ岳をバックに♪

 

ヒツジグサ ちょうど2時、未の刻に咲いていた。

 

ナガバノモウセンゴケ  尾瀬と北海道ににしか生育しない。水に浸るところ、低層湿原に多い。

 

咲きたての美しい花 花は2日間しか持たない。

シカの食害の無い木道周辺のみに咲いている。

 

 

 

逆さ燧のみられるポイント

 

コーヒータイムにしました。 尾瀬を貸し切り、なんとも贅沢な♪(^‐^)

 

 

トキソウ ラン科 ほかにサワランも咲いてました。

 

「静かな尾瀬〜♪ 曇り空〜♪」

 

ワタスゲ満開ー!

 

牛首分岐 3:00 今日の折り返し地点です。 先頭はSSさん

 

Love&Peaceで到着、STさんとFRさん

 

 

マイサギソウ ラン科   マイヅルソウは森林内に咲いていましたが。

 

山の鼻小屋で夕食です♪ 正面を避け一つ飛ばしでお膳を配置。

館内はマスク着用、スタッフの方はプラスチックの風防もして、万全な体制でした。

部屋は個室で1人、2人、3人で使用。頭を部屋の隅に向けて布団を敷きました。

この日は天気予報が悪かったからでしょうか? 残念ながらキャンセルが出たそうで…

他に素泊まり客が1人のみ、食堂は貸し切りになりました。

 

素晴らしい料理でした♪ もうこれは山小屋の料理とは思えません。右はそうめん、肉にイワナ、ナスの煮物、舞茸、

おかずがいっぱいで、誰もご飯のお代わりをしませんでした。本当に美味しかったです♪(^‐^)v

 

食事の前の熱々のお風呂といい、山の鼻小屋のおもてなしに感謝いたしました♪

普段尾瀬では石鹸は使えないのですが、コロナ対策で、全身洗えるボディシャンプーが用意されていました。

 

さあ♪明日は 至仏山に登るぞー!!

 

『至仏山で見つけた♪』 につづく…

 

 

 

 

至仏山で見つけた♪

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 02:04

 こんばんは 森林インストラクター岳です♪

 

7月4日(土) 昨晩から降りつづく雨、レインウエア着用で、ボクは透明ビニール傘を差しながらスタートしました。

雨の至仏山、貸し切りの至仏山、ふう、ふう、ふう、やっと登った至仏山(2,228m)は、なかなか大変でしたが、それ以上の期待に答える、さすが日本百名山の至仏山でした♪

 

山の鼻小屋の美味しいご飯とあついお風呂のおもてなしに皆、大満足♪(^‐^) 

ナント7月3日(金)は貸し切りになりました。

日本の朝食をいただいて、体操して、元気はつらつ♪ 6:45am 至仏山へしゅっぱーつ!!

 

蛇紋岩の影響で、森林限界は1,700mあたり、尾瀬ヶ原が望めました♪

 

あれは牛首あたりかなぁ〜 真下には山の鼻小屋

 

雨脚は弱まってきましたが… 燧ヶ岳は見えませんねぇ

 

ミヤマダイモンジソウ

 

ツマトリソウ

 

ユキワリソウ サクラソウ科 可愛いですね♪

 

 

ユキワリソウ サクラソウ科

 

ハクサンコザクラ サクラソウ科 濃い色です。

 

ハクサンコザクラ  花が大きくて色が濃い

 

ハクサンイチゲ キンポウゲ科

 

 

 

ハクサンイチゲ キンポウゲ科  高山植物のヒロインは何回撮ってもイイね〜♪

 

そして人気を二分するのが、チングルマ もうほとんどはピンクの穂になっていました。早いね♪

 

 

至仏山と言えば、この花を見ないとね♪ ホソバヒナウスユキソウ 蛇紋岩変形植物

ヒナウスユキソウの変種

 

 

ホソバヒナウスユキソウ ヨーロッパ産エーデルワイスの仲間

エーデルワイスの属名レオンポデュウム=ライオンの足の裏の肉球と爪の形からついた名だそうで、確かに。

 

ジョウシュウアズマギク 蛇紋岩変形植物 ミヤマアズマギクの変種 

この花は小さく、特に色が濃かった 葉や茎に毛が多いですね。

 

 

蛇紋岩変形植物は茎が赤くなるのも特徴 ジョウシュウアズマギク

 

これが蛇紋岩の「じゃもん」かな?! 超塩基性岩 アルカリ性が強く、植物が水分を取りづらいため、蛇紋岩に適応した植物しか生き残れない。

 

蛇紋岩は鉄やマグネシウムを多量に含み、植物の生育に不利であるため、環境に取り残された蛇紋岩残存植物や蛇紋岩変形植物のみが生育する。谷川岳や白馬岳などに共通する花が生育している。

 

ミツバノバイカオウレン 尾瀬の森に普通のミツバオウレンと比較して、花が大きく、茎が太く赤い

蛇紋岩変形植物

 

この小さいニョロニョロ(ムーミンの)似がオゼソウです♪ 

15cmくらいしかないので、言われて見ないと見過ごしますよネ(^‐^)♪

 

至仏山、谷川岳、北海道の天塩山地のみに産する貴重種 蛇紋岩残存植物

 

タカネシオガマ 至仏山に多い 半寄生の植物

 

ヨツバシオガマ ハマウツボ科 シオガマギク属

 

 

木道の階段に座って…こんなところでお昼休み 今日は貸し切りですから♪(^‐^)v

高天ヶ原の手前で10:00ですけど、雨が止んだのでコーヒーいれまーす♪

 

岳マスターの喫茶天(店)  水は尾瀬、山の鼻の天然水だぜー♪

 

山の鼻小屋のおにぎりはでっかくて、美味しくて食出がありました♪ 燻玉付き

 

一瞬、尾瀬ヶ原が見えたのですが…

荷物が軽くなって、お腹も満杯、パワーも全開! 

それでは後半スタートしましょか!!

 

おっと木道の下に これは珍しーい♪

シロバナジョウエツキバナノコマノツメ(長〜い名前になりました)

 

ジョウエツキバナノコマノツメ 蛇紋岩変形植物 谷川岳と共通

 

タカネバラ 別名ミヤマハマナス バラ科

 

クモイイカリソウ(雲居碇草) 蛇紋岩変形植物 メギ科 葉に赤い縁取りがあるものと無いものがある。

 

ハクサンチドリ 至仏山のはサイズが小さかった

 

ヒメシャクナゲ  ツツジ科

 

肝心の至仏山の写真は、スマホで撮っていますので… 

永田岳夫のFacebookをご覧いただけると動画もUPしていますよ♪(^‐^)v

 

ハクサンシャクナゲ ツツジ科 少しだけ咲いていた。これからかなぁ

 

ショウジョウバカマ(猩猩袴)  雪解け後すぐに咲く

 

シナノキンバイ キンポウゲ科

 

小至仏山を越えた辺りから出てくる 大きくりっぱな花で感動する♪

雪渓の残る斜面に

 

ミヤマキンポウゲ キンポウゲ科 こちらは花は小さい、群生する

 

シラネアオイ 鳩待峠へ向かう樹林帯の中、ひっそりと2輪だけ咲き残ってくれていた♪ うれしいなぁ〜。

 

 

マルバヘビノボラズ 蛇紋岩変形植物で谷川岳にも産する。ヒロハヘビノボラズの品種

 

マルバマンサク 日本海側に産する高山植物でもある。

 

ミヤマナラ 針葉樹林帯の上まで産するミズナラの高山型

 

オオカメノキ もう鳩待峠が近い レンプクソウ科 ガマズミ属 別名ムシカリ

 

おつかれさまでした♪ 皆様がんばりました! 達成感アリ!! ♪(^‐^)v

 

鳩待峠 到着ーっ♪14:00  バスの出発は14:30です。

 

つづきは7月3日の尾瀬ケ原での発見!をご紹介いたしま〜す♪

ご期待ください♪(^‐^)v

 

さて次回の岳の自然観察トレッキングの予定は。。。

 

7月23日(海の日)三ツ峠山 河口湖駅8:50集合  天下茶屋行バス9:05出発

三ツ峠登山口9:30着→三ツ峠・開運山→木無山→母の白滝→河口浅間神社→開運の湯♨→河口湖駅

募集人数は10名(最小催行5名) 参加費4,000円(別途交通費、ハイキング保険未加入の方は、AIG国内旅行傷害保険500円)、昼食、行動食、飲み物などご用意ください。

 

7月31日(金)小淵沢駅集合 15:00と20:00(当日お仕事の方も参加できます) 

八ヶ岳・西岳〜編笠山 7月31日(金、前夜泊)-8月1日(土)  中級コース

集合時間は2便に分けて、早い到着組は♨立ち寄り、ペンションKEY NOTEで夕食付き。遅い時間に到着する組は♨立ち寄り、宿泊のみの選択ができます。スタッフは八ヶ岳山麓在住の中井さんがサブリーダーでサポートします。

募集人数はラッキー7の7名(最小催行5名) 参加費12,000円、宿泊費5,000円(夕食付き)、3,000(素泊まり)、朝食おにぎり弁当500円 ※別途交通費、ペンションから登山口まで、登山口から小淵沢駅までのタクシー代(人数割)、ハイキング保険未加入の方はAIG国内旅行傷害保険500円をご利用ください。

 

 岳の自然観察トレッキングの特典は 
 ー然の美しさ、素晴らしさを知る。 樹、花、鳥、虫のことを理解できるようになります。
 昼食時に温かいコーヒー(紅茶)をお入れいたします。マグカップをご持参ください。
 8綟、記念写真をお贈りいたします(※住所が必要)。
 な臀舷与瑤郎蚤10名。歩くペースがゆっくりで、写真を撮ったり、バテ無い歩き方を推奨。

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
nt121212take(あっとまーく)ezweb.ne.jp (スマホ受付になりました)

 

〇臆弾〒・住所氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレスη齢、生年月日Г海譴泙任療仍碍亳海覆匹魘気┐討ださい。自己紹介(自分を動物に例えると何?)を考えてきてね♪

ご予約は2日前に〆切らせていただきます。前日のキャンセル料は準備が済んでいますので参加費の50%、当日不参加については参加費全額のキャンセル料を申し受けます。ご協力よろしくお願いいたします。

 

ご参加お待ちしていまーす♪(^‐^)

 

 

 

 

 

2020年7月の自然観察トレッキング♪

  • 2020.06.29 Monday
  • 21:12

こんばんは 森林インストラクター岳です♪

 

お元気ですか♪

長らくお待たせいたしましたが、岳の自然観察トレッキングを再開いたします♪

今年の夏の予定はお決まりですか? まだでしたら岳おススメの山行があります。

ご参加いたしませんか?

7月の予定をご案内します。

 

7月3-4日(金土)尾瀬ヶ原、至仏山トレッキング 開催決定、募集は終了いたしました。ありがとうございます♪

 

7月23日(海の日)三ツ峠山 河口湖駅8:50集合  天下茶屋行バス9:05出発

三ツ峠登山口9:30着→三ツ峠・開運山→木無山→母の白滝→河口浅間神社→開運の湯→河口湖駅

募集人数は10名(最小催行5名) 参加費4,000円(別途交通費、ハイキング保険未加入の方は、AIG国内旅行傷害保険500円)、昼食、行動食、飲み物などご用意ください。

 

7月31日(金)小淵沢駅集合 15:00と20:00(当日お仕事の方も参加できます) 

八ヶ岳・西岳〜編笠山 7月31日(金、前夜泊)-8月1日(土)  中級コース

集合時間は2便に分けて、早い到着組は立ち寄り、ペンションKEY NOTEで夕食付き。遅い時間に到着する組は立ち寄り、宿泊のみの選択ができます。スタッフは八ヶ岳山麓在住の中井さんがサブリーダーでサポートします。

募集人数はラッキー7の7名(最小催行5名) 参加費12,000円、宿泊費5,000円(夕食付き)、3,000(素泊まり)、朝食おにぎり弁当500円 ※別途交通費、ペンションから登山口まで、登山口から小淵沢駅までのタクシー代(人数割)、ハイキング保険未加入の方はAIG国内旅行傷害保険500円をご利用ください。

 

元ペンションKEY NOTE泊

ペンションのオーナーが代わり、現在は研修施設として利用。

たまに知り合いだけを宿泊させているそうです。当日は私たちだけの貸し切りになります。

 

 

 

ラウンジ

 

薪ストーブがありました♪

 

レストランスペース  友人の披露宴を行ったこともあるそうです。

 

 

8月の予定ですが。。。

山小屋等のOPEN状況を調べて、計画いたします。しばらくお待ちください。

 

 岳の自然観察トレッキングの特典は 
 ー然の美しさ、素晴らしさを知る。 樹、花、鳥、虫のことを理解できるようになります。
 昼食時に温かいコーヒー(紅茶)をお入れいたします。マグカップをご持参ください。
 8綟、記念写真をお贈りいたします(※住所が必要)。
 な臀舷与瑤郎蚤10名。歩くペースがゆっくりで、写真を撮ったり、バテ無い歩き方を推奨。

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
nt121212take(あっとまーく)ezweb.ne.jp (スマホ受付になりました)

 

〇臆弾〒・住所氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレスη齢、生年月日Г海譴泙任療仍碍亳海覆匹魘気┐討ださい。自己紹介(自分を動物に例えると何?)を考えてきてね♪

ご予約は2日前に〆切らせていただきます。前日のキャンセル料は準備が済んでいますので参加費の50%、当日不参加については参加費全額のキャンセル料を申し受けます。ご協力よろしくお願いいたします。

梅雨の洗礼を受けて高尾山へ

  • 2020.06.13 Saturday
  • 23:25

こんばんは 梅雨に入りましたねぇ〜

 

お元気ですか?

 

雨が小降りになるのを信じて高尾山に行ってきました。

 

参加して頂いたのはYNさんと、初参加お友達のHSさん 4号路つりばしにて

 

この辺りは霧雨煙るいい感じだったのですが…

 

対岸のマタタビの葉が白くなっています。

 

さすがに今日はアジサイ日和ですねー♪ ヤマアジサイ(サワアジサイ)

 

ヤマホタルブクロ  一輪だけ咲いていました

 

オオバギボウシ とても美味しそうですが、山菜の「ウルイ」を食べてみたいです♪

梅雨が明けたら咲きだすのでしょう 一丁平までの尾根道のあちこちにありました。

 

4号路を我物顔で歩いていたのはアズマヒキガエル 赤いのが多かったですね、計6匹見ました。

 

こちらも雨の日の代表選手、そんなヤツは!(ヤツワ)クガビル 

30cm近くもある(同サイズの)シーボルトミミズも丸のみしちゃいます。 

こちらは肉食で、人の血は吸いませんのでご安心を…

 

今日も野イチゴ食べ放題でした♪ 前回の種類と違って、ニガイチゴ

 

もう食べきれないほどの数でした。

 

黄イチゴ=モミジイチゴは少しだけみつけましたが、もうだいぶ食べられてますねぇ〜♪

 

じつはもっと美味しいものをみつけたのです!(^-^)V

 

ヤマグワの実が沢山ぶる下がっていました!!

 

なかなか人が行かないところだからでしょう♪

葉の裏で気づかないということもあって…

 

 

今日、じつは一番見たかったのはコレ

ヤマボウシの花だったのですが…

 

結構雨が強くなっています

 

やっぱり、高尾山は透明ビニール傘が役に立ちますね〜♪ 

大粒の雨でもなんのその!

新型のGORE-TEXレインキャップも良かったですねー。

 

そう、これなんです!! 一丁平のヤマボウシの凄さは♪ 

大雨の中、やってきた甲斐がありました(^-^)v

 

さすがにホオノキの花は終わってましたね、大きな実になっていました。

来年はGWあたりに来たいですね♪ 

 

 

最後に薬王院に立ち寄り、今日も無事に下山できる感謝の気持ちと、コロナウイルス終息を祈願してお参りしました。

ピンクのツツジが綺麗でした。

 

 

最も大きな翼果を持つカエデ メグスリノキです。

3出複葉で対生する 葉は厚く、裏面全体に毛が多い。

 

下山は、ボクらと他に1組しか乗っていないケーブルカーでほんの6分で下りちゃいました。

 

高尾山の自然にとっては恵みの雨、沢山の雨が表参道のスギの巨樹たちを支えているんだなぁ〜

と実感したところです。

梅雨の間に咲く花はアジサイの仲間とヤマボウシくらいで、それは花粉や蜜が雨で流れてしまいますからねェ

授粉できない。

梅雨明けに咲く、夏の花をまた見に来ましょう♪

ヤマユリやキキョウ、レンゲショウマなどを。

 

でも人に会わないこの時期の、高尾山の静けさを味わうのも良いですよ〜♪

マイナスイオンを沢山に受けて、ストレス発散、女性のお肌も瑞々しくなることでしょう。

そんな充実した高尾山の一日でした。

 

 

 

 

 

 

南高尾〜東高尾へ

  • 2020.06.08 Monday
  • 07:23

こんにちは 森林インストラクター岳です♪

 

昨日は57日ぶりに山へ行ってきました。

南高尾〜東高尾です。

せっかく行くのなら、初めてのコースで

さて今日は何が発見できるのか? ワクワク♪

 

10時に高尾山口駅に集まったのは、4名。

まずは安全祈願に氷川神社にお参り、怪我がないように、コロナウイルスの終息をお願いしました。

 

10:14発の相模湖行きのバスに乗り、大垂水峠へ。

天気も良かったので、大垂水峠で大人数が降りましたが、私たちと一組以外は小仏城山や一丁平など高尾山方面へ行かれました。

途中、5,6人とすれ違いましたが、南高尾は静かな登山道でした。

 

皆さんお元気で、良かったです♪ 

久しぶりの登山で、脚馴らしにやってきたのですが…

それにしては6時間半、皆さん良く歩いて頂きました〜♪(^-^)v

 

ガクウツギ アジサイ科 アジサイ属  3枚のがくが特徴 

今日はウツギの花がいっぱいですよ〜♪

 

マルバウツギ アジサイ科 ウツギ属

 

ガマズミ レンプクソウ科 ガマズミ属

 

緑が輝いていました♪

 

オカタツナミソウ シソ科 タツナミソウ属

 

ワインカラー金属光沢のオトシブミ ファウストハマキチョッキリ

 

ミツバウツギ 実ができていました。

 

本日の最高所 大洞山536m

 

相模湖プレジャーフォレストの観覧車

 

クサイチゴ 完熟タイプ 甘くておいしい

 

クサイチゴ 一粒が小粒のタイプ みずみずしいが薄味

 

クサイチゴ 一粒一粒が小さい 未熟で薄味

 

モミジイチゴ キイチゴ 甘酸っぱくて最も美味しい

 

金毘羅山 515m リュック掛良くできてます♪

 

ニガナ キク科

 

ウリカエデ カエデ科

 

テンの糞 植物の種が混じっている

 

テイカカズラの紅葉 常緑樹は今頃落葉する

 

見晴台からの景色 富士山は見えませんでした。 津久井湖を見下ろす

見晴台で昼食を1:00 

 

ハナイカダの実 

 

トーテムポールが  表はフクロウ、裏はイヌワシか

 

 

ナガバノスミレサイシンの葉が…「でっかくなちゃった♪」

 

ホオノキの花がてっぺんで咲いているのだろう♪ ほのかに香る

 

城山湖 ふれあい休憩所から

 

ウグイスカグラの実 ほんのり甘い 薄味

 

東高尾山麗コースに入り、草戸山364mの松見平休憩所で 16:11

モンシロチョウより少し小さい白い蛾が大量に飛んでいた。

この昼間飛ぶ蛾はキアシドクガ。幼虫はミズキを食べて育つ。ドクガと言うが毒はないらしい。

 

ミズキやカキノキの周りを乱舞していた 

 

あちこちにぶら下がるキアシドクガのサナギ

 

なかなか四辻まで遠い。アップダウンの激しい東高尾 16:33

 

やってきました四辻。10分余りで高尾山口へ 17:27

 

高尾山口へ下りて来た 民家の横を通る 17:36 お疲れさまー♪(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM