陣馬山から高尾山へロングトレイル?!

  • 2017.09.22 Friday
  • 22:20

おはようございます 森林インストラクター岳です。

 

行ってきました陣馬山〜高尾山へ。

9月14日(木) 心地よい秋の風  頂上は暑かったけどねあ

笹尾根上は森のドームで意外に涼しかったです。

 

まずはスタート♪陣馬山にて 「はい、サイコー♪ の笑顔でニコッ♪

 

陣馬山はノコンギクのお花畑でした。

 

今はイヌショウマの花の最盛期。サラシナショウマにはまだ早かった。イヌショウマには花柄がありません。つぼみがピンクでかわいい♪ 手のひらのよう♪

まるで試験管ブラシでしょ♪

 

これは何かな? キッコウハグマのつぼみです。ピントは地面の葉にkyu♪

開花は10月中旬頃

 

これはなんじゃ? センボンヤリの秋の閉鎖花 茎には沢山の鱗片葉がある

それにしても長ーい♪

 

クサボタンの花 センニンソウ属

かわいいねぇニコッ♪

 

ツルニンジン キキョウ科 ジイソブとも言われる バアソブより花がでかい♪

 

これが冬の高尾山名物、シモバシラの花です。陣馬山近くの笹尾根沿いにも沢山咲いていましたよ♪ 今年はシモバシラ(氷の華)がみられるかなぁ〜?

 

アサギマダラがモミジガサの花にやってきた♪ 一度飛んでしまったけれど、「こっちだよ♪おいでおいで♪」と声をかけたらもう一度停まってくれました♪ 蝶は人の心が読めるんですよヤッタv手 これ、ホント

 

フキバッタが茎をつかんだまま死んでいました。不思議ですよね〜♪

 

 

オケラ 魚の骨のような痛々しい総苞片に守られたつぼみ キク科には不思議な花が多い。

これからがキク科の花盛りです。

ぜひ奥高尾、北高尾へ行ってみてくださいね♪

今回見られなかった、タカオヒゴタイやタムラソウを見つけに行ってください手ニコッ♪

 

それではまたお会いしましょう♪

次回は紅葉の岩手山へ行ってきまーすヤッタv手

 

これから秋の自然観察トレッキングの予定は。。。

10月14-15(土日) 尾瀬 最後の紅葉 落葉広葉樹林が赤や黄色に染まります♪

さて何種類の紅葉(もみじ)に出会えるかな?

浅草駅 6:15集合 6:30am  特急リバティで出発 

会津高原尾瀬口⇒御池11:10 →三条の滝→平滑の滝→見晴5:00pm  桧枝岐小屋泊

見晴→白砂乗越→尾瀬沼→三平下→大清水 高速バス「尾瀬号」大清水15:10出発⇒ 新宿バスタ19:30着

※特急リバティ及び高速バス「尾瀬号」のご予約は、東武トップツアーズWEB販売センター03-5843-9603でお願いします。

◆参加費 8000円(別途:AIU国内旅行傷害保険500円(※登山保険にご加入の方は無用です)、交通費=東武リバティ6300円、高速バス4000円、宿泊費9000円 15日お弁当1000円)

◆募集人数10名(最小催行人数は5名)

 

11月12日(日) Foxfire加賀谷はつみ「Trek&Live!」足和田山〜紅葉台(富士山と樹海と紅葉♪) 

※ご参加のお申込は、Foxfireホームページへお願いいたします。

http://www.travelspecialist.jp/foxfire/171112ashiwada.html

 

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、防寒着、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分1.5L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をお淹れします)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、山と高原地図とコンパス、植物図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験、登山保険の有無を教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬自然ガイドの試験を受けに行ってきました♪

  • 2017.09.15 Friday
  • 07:33

おはようございます。森林インストラクター岳です。

 

尾瀬自然ガイドの実技検定試験に行ってきました。

 

2班の仲間たち

尾瀬に入ってほっと一息、「はい、サイコー♪ の笑顔で♪」

 

9月7-8日の2日間、一人30分ずつ交代で、尾瀬をガイドしながら歩く検定試験になります。

(一次試験は7月12日、筆記試験がさいたま市でありました)

初日、ボクは1番目だったので、沼山峠からのスタート〜尾瀬に入って終了。

2日目は一番最後、下田代〜御池まででした。

受験番号は007、とてもいい番号でしたが…

結果は1月に発表されるそうです。

 

 

前日の6日、いつものように浅草から6:30am発の特急リバティに乗りスタート♪

朝食は、やっぱりニコッ東武浅草駅の前のやまざきデイリーストアの総菜パンとコーヒー。

ここのフレンチトーストとメンチカツサンドが美味しーい時々ウインクペコちゃんonpu03

 

座席テーブルには、お気に入りの富士山ハンカチを敷いてみました。

このハンカチは四角に雪の富士山がデザインされているんですよ手ニコッ

 

リバティでの3時間は結構長く、うっつら、うっつら夢心地で、目覚めたのが、会津高原尾瀬口駅到着のアナウンス。

あわてて荷物をつかんで、出口へ…

なんとドアが目の前でシャットアウトエリザベスDocomo88

うあーっエクステンション降りれなかったーゆう★

 

結局、無情にも特急リバティは終点、会津田島駅まで行ってしまいました。

会津田島駅からの折り返しは1時間後、しかたなく駅でのんびり過ごすことに…

消費期限ギリギリで半値になったおみやげ品や産直のももをいただいて、おなか満足時々ウインクペコちゃんonpu03

 

会津高原尾瀬口から沼山峠行きの次のバスは11:15発

これに乗れるか?ヒヤヒヤものでしたが、無事乗れてほっと一息♪

やっとふりだしにもどることができました。

 

沼山峠に着いたのが13:30

そこでなんと、たった今、尾瀬をガイドして沼山峠へやって来たKRさんにバッタリヤッタv矢印上

以前Foxfireのイベントで至仏山をガイドしていただいた方です。

その後、連絡が取れなかったのですが… 

尾瀬で一番会いたかった方に、まさかここでお会いできるとはニコッ♪

これは山の神様のおぼしめしheartですね

 

明日、私と同じように自然ガイトを受験する、同社のHSさんと3人で尾瀬沼まで下見をしながら

入山したのでした。本当にラッキー手kyuき

 

6日夕方、尾瀬沼ヒュッテのキャンプ場にて

簡単な夕食、レトルトのカレーとビールです。コーヒーにチーズを添えて

 

明日7日は沼山峠に9:00am集合ですので、尾瀬には前日入りして、下見をしておこうと思いました。

ビジターセンターで情報収集、それから夕暮れまで尾瀬沼北側を歩いて。

 

オゼミズギク

 

イワショウブ もう実になっているもの(下)もありました。

 

 

ミヤマワレモコウの花は美しく、緑の中で際立っていますニコッ♪

 

7日、5:30am起床

夜間雨はほとんど降らず、フライシートが濡れただけで、撤収はスムーズだった。

全てをザックに収納し、尾瀬沼ヒュッテ前のテラスで朝食、おにぎりとみそ汁

コーヒーを淹れて時々ウインクペコちゃんonpu03

 

テラスから数十メートル先の広葉樹の上の方が、風もないのに揺れている、おかしいエリザベスエクステンション

熊が木に登って、先ほどまでどんぐりを食べていたのではないか?!と。

かってに想像した。

 

目の前には、背丈が2m以上もあるハンゴンソウ

食後は、尾瀬沼のほとりを散歩、熊鈴を鳴らしながら。

 

 

ヤナギランが美しい

 

長蔵小屋をバックに ゴマナの群落

ゴマナ

 

湖畔の天然カラマツの根元に ミヤマアキノキリンソウ

 

 

尾瀬沼から大江湿原を見る 三本のカラマツ

 

尾瀬沼の静かな朝、風もなく曇り

 

熊の遊び場かな? 

 

ミヤマアキノキリンソウ

 

ヨツバヒヨドリ

 

オヤマリンドウ

 

チョウジギク 雪の多い地方に適応した、日本海要素の植物

 

ヤマトリカブト

 

黄葉しているニッコウキスゲの葉

 

尾瀬沼にボートが…

沼尻小屋が建設中でしたので、長蔵小屋から大工さん達のご出勤でしょうか? いってらっしゃーいニコッて

 

手前のピンクの花は…

タムラソウ アザミのようですが、葉にトゲはありません

花柱の先が反りかえり、クルンとカールしています。

今、大江湿原では最盛期のようで、沢山咲いていました。

 

こちらは オゼヌマアザミ 総苞はハリの集まりで、チョコレートのアポロ型。

葉には鋭いトゲがある。

 

 

サラシナショウマが風になびく のどかな秋の風景

 

シラネセンキュウ

 

ハクサンシャジンか? と思ったが、ツリガネニンジン

どうも両者に決定的な違いはないそうです。

 

マルバダケブキ

 

優雅なたたずまいのハンゴンソウ 掌のように切れ込む葉が特徴です。

 

レンゲツツジが紅葉してきました これから草紅葉の始まりです。

 

さあ、7:30am  沼山峠に向けて出発だニコッ♪

尾瀬自然ガイド検定試験は、沼山峠9:00集合です♪

 

 

さて次回は。。。

 

10月14-15(土日) 尾瀬 最後の紅葉 落葉広葉樹林が赤や黄色に染まります。

浅草駅 6:15集合 6:30am  特急リバティで出発 

会津高原尾瀬口⇒御池11:10 →三条の滝→平滑の滝→見晴5:00pm  桧枝岐小屋泊

見晴→尾瀬沼→三平下→大清水 高速バス「尾瀬号」大清水15:10出発⇒ 新宿バスタ19:30着

※特急リバティ及び高速バス「尾瀬号」のご予約は、東武トップツアーズWEB販売センター03-5843-9603でお願いします。

◆参加費 8000円(別途:AIU国内旅行傷害保険500円(※登山保険にご加入の方は無用です)、交通費=東武リバティ6300円、高速バス4000円、宿泊費9000円 15日お弁当1000円)

◆募集人数10名(最小催行人数は5名)

 

11月12日(日) Foxfire加賀谷はつみ「Trek&Live!」足和田山〜紅葉台(富士山と樹海と紅葉♪) 

※ご参加のお申込は、Foxfireホームページへお願いいたします。

http://www.travelspecialist.jp/foxfire/171112ashiwada.html

 

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、防寒着、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分1.5L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をお淹れします)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、山と高原地図とコンパス、植物図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験、登山保険の有無を教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

 

 

 

岳の自然観察トレッキング2017 秋の予定です♪

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 07:49

おはようございます 森林インストラクター岳です。

 

これから秋の自然観察トレッキングの予定です。

 

 

8月25日(金) JR武蔵五日市駅 バス停8:10集合  都民の森行きバス8:22発に乗ります。

レンゲショウマ、フシグロセンノウ、キキョウ、コバギボウシ、タマアジサイなど晩夏の花、きのこなどを見に行きます。

都民の森〜槇寄山〜中の平〜数馬の湯へ。

◆参加費 3000円(別途 交通費、バス代片道940円、温泉820円)

◆最小催行人数は5名

 

9月14日(木) 陣馬山〜高尾山へロングトレイルニコッ♪ 日帰りの初級コースでーす♪

秋の花、キク科の花が沢山咲いています♪ さあどんな発見ができるか楽しみです手kyu♪

JR高尾駅『陣馬高原下行き』バス停に並んで8:00集合 バスは8:34出発(37分、560円)

陣馬高原下→陣馬山頂855m 10:30→奈良子峠→明王峠12:00 お昼40分→影信山頂727m 2:10pm→小仏峠→城山670m 3:20pm→高尾山頂599m 4:20pm→高尾山口駅 5:30pm着予定 途中エスケープルートもありますよニコッ

◆参加費 3000円(別途 交通費、バス代)

◆最小催行人数は5名

 

10月14-15(土日) 尾瀬 最後の紅葉 落葉広葉樹林が赤や黄色に染まります。

浅草駅 6:15集合 6:30am  特急リバティで出発 

会津高原尾瀬口⇒御池11:10 →三条の滝→平滑の滝→見晴5:00pm  桧枝岐小屋泊

見晴→尾瀬沼→三平下→大清水 高速バス「尾瀬号」大清水15:10出発⇒ 新宿バスタ19:30着

※特急リバティ及び高速バス「尾瀬号」のご予約は、東武トップツアーズWEB販売センター03-5843-9603でお願いします。

◆参加費 8000円(別途:AIU国内旅行傷害保険500円(※登山保険にご加入の方は無用です)、交通費=東武リバティ6300円、高速バス4000円、宿泊費9000円 15日お弁当1000円)

◆募集人数10名(最小催行人数は5名)

 

11月12日(日) Foxfire加賀谷はつみ「Trek&Live!」足和田山〜紅葉台(富士山と樹海と紅葉♪) 

※ご参加のお申込は、Foxfireホームページへお願いいたします。

http://www.travelspecialist.jp/foxfire/171112ashiwada.html

 

 

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、防寒着、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分1.5L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をお淹れします)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、山と高原地図とコンパス、植物図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪

 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験、登山保険の有無を教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

 

 

 

三頭山の晩夏2017

  • 2017.08.26 Saturday
  • 00:08

こんばんは 森林インストラクター岳です。

 

今日は東京都の西の端、檜原村の都民の森、三頭山へ行ってきました♪

 

一気に標高1,000mまでバスでやってきました。

その檜原街道を見下ろして… サイコー♪の笑顔でニコッ♪

 

ヤマシャクヤクの実 鳥に対して最高のアピールは赤×黒なのですね

この鞘が割れると矢印上kyu

 

 

フジキオビ アゲハモドキガ科 

以前、雲取山で初めてみつけた稀少種ですが、三頭山では現在発生期らしく、数十頭、どこにでも沢山飛んでいました。

まるで普通種です手ニコッheart 幼虫はナツツバキが食草 三頭山のは黄色でうつくしーいheart

 

レンゲショウマ 残念ながら崖下を向いていた 遠くから撮影

今年は少なく、ブナの路で4つしか見つけられなかった。

 

ソバナ(岨菜) シカ除けの網に守られて

 

ヤマジノホトトギス 

花が茎頂や葉腋にばらけて付く  花が茎の頂に集まって付く⇒ヤマホトトギス

 

避難小屋前のテーブルでお昼にしました♪ いつものコーヒーを淹れて時々ウインクペコちゃんonpu03

 

そう、ここは木々の間から 富士山が見えるのでーす手ヤッタv♪

だいぶ木々が生い茂ってきましたね 沢山のトンボが飛んでいました♪

 

コウヤボウキ キク科 葉の配列がかわいくて撮りました。

ナガバノコウヤボウキの花はもう咲いていました。

 

モミジガサの花 山菜のシドケで有名 キク科

 

キバナアキギリ シソ科 葉は青緑で濃い色 日本のサルビア

 

キヌタソウ 花はとても小さいので撮れるかな?と思ったけど… 3葉脈はくっきりと見立ちます。

 

シラヤマギク 根生葉は大きく、背が高い

 

 

特徴的な5枚葉はコシアブラ 新芽を天ぷらにして食べるそうですが… まだ食べていない時々ウインクペコちゃんonpu03

 

 

地面に風船が?!

 

いやいや、

うつくし〜いkyuheart タマゴタケ

美味しい食べ方があるそうなんですが…

この綺麗なまま持ち帰りたいですよねー時々ウインクペコちゃんonpu03 

 

槇寄山でティータイム

 

富士山もまた顔を出してくれましたニコッ手

 

今日一番の富士山はコレかなぁ〜♪

 

 

夕方の日差しの中、中の平までの下山。 尾根道を行く

 

無風で暑い中、下りてきました♪  4:20pm ヤレヤレ

数馬の湯温泉へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白山、雲上の楽園♪

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 23:27

こんばんは 森林インストラクター岳です。

 

行ってきました白山へ。

 

はい、サイコー♪ の笑顔で♪(^‐^)v

 

別当出合8:40am着

天気予報は午前中は雨、午後から回復に向かうようですが…

なぜか人数が少ない。

行動食を食べたり、トイレに行ったり、体操をしたり、自己紹介をしたりで、

時間稼ぎをしていると…

1時間後に次のバスがやってきて、遅れてきたメンバーが加わり、7名でスタート♪

白山は今年開山1300年、ボクは記念の年に2回も登れるなんて、幸せだなぁ〜♪

 

 

中飯場に到着 ガスの中、行動食食べて元気出しましょう♪

 

甚ノ助避難小屋は満員で入れず、霧の中ベンチで昼食、温かいコーヒーで元気もりもり時々ウインクペコちゃんonpu03

 

ヤマハハコ

 

ミヤマコウゾリナ キク科 ヤナギタンポポ属

 

ハクサンフウロ

 

雨の中、だいぶ登ってきましたよ♪

 

霊峰白山延命水 これはぜひとも飲んでいかねば…

一回で3年、帰りも飲んで6年とは… 博君談

 

 

3:00pm 室堂到着ー♪ 先に着いていたNK君たちが加わり全員集合

受付を済ませ、宿泊棟に案内され、乾燥室に濡れたものを干しに行くが、もういっぱいで干せない。

 

そうこうやっているうちに…

晴れてきたぞー♪

お日さまが暖かーい …ということで天日で干すことにしました。

 

快晴だーい 4:20pm

 

 

さあ、お花畑を散策しましょう♪

クロユリ 咲いてて良かった♪

 

アオノツガザクラ

 

ハクサンコザクラが美しーいきらきらニコッ♪

 

ハイマツの雄花

 

箱庭のよう 頂上が見えてます。

 

お日さまが暖かく

まだ雪渓が残る、水屋尻雪渓のお花畑を散策しました手ヤッタv

 

雲海の上に立つ白山室堂

みんなが集まっているなー矢印上

展望台に行ってみると…

なんと雲海が広がっていましたkyu♪

 

 

至福のひととき

 

これ、ボクじゃないですよ♪ 別山が波にさらわれています。

 

6:20pm 楽しい夕食でーす♪

おかずは、美味しいものが可愛く乗っています。

ご飯とみそ汁がおかわりOKとは嬉しいですね〜時々ウインクペコちゃんonpu03

ビールでカンパーイ、その後はボクとNK君が持ってきたペットボトルワイン(わっ同じ銘柄だ♪)をいただき大満足♪

 

7:00pm

 

 

明け方に目が覚めてみると…

13日 3:00am  夜中は満天の星空、天の川もバッチリ 

オリオン座とカシオペアは確認できましたし、ボクは初めて流れ星を見たんです手kyu♪

4:00am  これは御前峰に登る人たちのヘッドライトの灯りなのですが…  

 

別山に雲の川が流れ 5:00am

 

御嶽山が赤く染まり

 

熱中する博君

 

さっきまで御前峰頂上までライトの川が繋がっていたんです。頂上は人でいっぱいでしょう。

 

 

 

東の空は黄金に輝くきニコッheart 5:10am

 

御嶽山と雲海

 

ご来光が出るぞー手 展望台にてセルフタイマーで撮ってます。 5:20am

 

6:00am  朝食は1番に並んで頂きました時々ウインクペコちゃんonpu03

 

かわいいおかずが沢山 ご飯&味噌汁はおかわり自由、梅干しとマヨネーズケースに入ったのりの佃煮には感動♪

美味しくいただきました

 

山頂〜お池めぐりの荷物だけ持って出発ニコッ♪

 

だいぶ登ってきましたよ♪

 

イワギキョウ

 

イワツメクサ

 

 

頂上はもうすぐです♪ 

 

御前峰 到着ーっ♪

雲海に浮かぶ、剱岳、立山、槍ヶ岳、北アルプス連山が見えました。

 

 

はい、サイコー♪ の笑顔で♪

 

博君  カッコイイ♪

 

しばし景色に見とれてあき

 

氷湖 出現!

 

ミヤマタネツケバナ

 

翠(みどり)ヶ池です手ニコッ♪

 

イワオトギリ オトギリソウ科

 

ミヤマキンバイ バラ科 キジムシロ属

 

ハクサンフウロ フウロソウ科

 

シモツケソウ 「でんぶ食べたーい時々ウインクペコちゃんonpu03」って言ったら、なつかしーい♪ひなまつりでよく食べたって♪

 

帰ってきました♪ 無事下山完了 15:11

バス停へ急げー!! そして15:30発のバスに間に合ったのでしたヤッタv手 

めでたしめでたしニコッ♪

 

 

さて次回は。。。

レンゲショウマ、フシグロセンノウ、キキョウなど夏の花を見に三頭山へ行きまーす♪

三頭山から笹尾根を歩き、数馬の湯温泉

丸一日じっくり歩きたい方を募集いたします♪ 雨天決行

 

◆8月25日(金) JR武蔵五日市駅 バス停8:10集合  都民の森行きバス8:22発に乗ります。

◆参加費 3000円(別途 交通費、バス代片道940円、温泉820円)

◆最小催行人数は5名

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、透明ビニール傘、帽子、昼食、おやつ、水分1L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をお淹れします)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、デジカメ、植物図鑑などがあるとより深く自然を楽しめます♪

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験、登山保険の有無を教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

 

 

 

伊吹山の七不思議?!

  • 2017.08.06 Sunday
  • 07:50

おはようございます 森林インストラクター岳です。

 

新旧の友達と会って来ました♪

伊吹山〜名古屋へ

 

はい、サイコー♪ の笑顔で♪(^‐^)v

フォトグラファーで林業家のMRさん、山友哲チャン、Foxfire名古屋ファッションワンの女フライフィッシャー大羽さん

名古屋で会いたかった皆さんと伊吹山へ行ってきましたー♪

 

哲チャン、大胆にも日本武尊の前に座っちゃうなんてちゅん

 

ボクもやっちゃいました♪ ・・・Docomo_kao8

 

ヤマトタケル様 すばらしい出会いをありがとうございます♪

 

「伊吹山頂草原植物群落」は国の天然記念物

 

水はけの良い石灰岩質、大昔にサンゴ礁が隆起してできた山

土壌が浅く、乾燥しやすいので森林には不向き。日本でも有数の豪雪地帯。

S30年代ころまでは薬草の採取や牛馬の飼料、田畑の肥料として草刈が行われてきた

北方系亜高山性植物、日本海側多雪地帯の植物、太平洋側暖地系植物、好石灰岩植物など多様な植物が生育しています。

 

夏の山頂はほぼ毎日濃いガスに覆われています。

伊勢湾からの湿った気流が伊吹山にぶつかり霧を発生。そのおかげで山麗より7〜9℃気温が低い。

この日も山頂は風がつよく、体感気温は15℃〜20℃くらい、肌寒かった。

 

クガイソウは終わりかけていました

 

クガイソウ(九蓋草) 葉を蓋に見立てて輪生する、さて九蓋あるかな?

 

こちらがルリトラノオ これを見に来ました♪♪♪(^‐^)v 

 

ルリトラノオ 葉は対生する 周りに小さな花たちを連れている

周りの花はフジムラサキで細身、まるで九蓋草を連れているかの様

 

ルリトラノオ 少しフジムラサキ色の花  下から咲いていきます。 バックの赤花はアカソ

 

ルリトラノオ まるでお供にクガイソウを引き連れた、王者の貫禄!

 

さてこれは?! ルリトラノオorクガイソウ? 花の終りが近づいているからクガイソウ? いや葉は対生でルリトラノオ?

もしかしてハイブリッドかな?

 

ルリトラノオ、クガイソウ群落 黄色はダイコンソウ

 

 

イブキフウロ もう一つの見たかった花 ハクサンフウロ、エゾフウロと共に咲く。

花びらが三つに分かれる もしかしたらこれもハイブリッドかも?

 

 

キリンソウ ベンケイソウ科 乾燥に強い、石灰岩に対応した多肉系の植物か? 葉や茎に厚みがある

 

キバナノレンリソウ ヨーロッパ原産、織田信長の「伊吹山薬草園」名残の植物

ポルトガルの宣教師、フランソワーカブラルが持ち込んだ花。北海道の一部と伊吹山のみ生育。

 

キバナノカワラマツバ アカネ科

 

 

キンバイソウ キンポウゲ科

花びらのように見えるのはがく 細い花弁がおしべよりも長い

 

イブキジャコウソウ さわるといい香りがする 香料のタイムの仲間

 

ウツボグサ シソ科

 

シモツケソウ

 

シモツケソウ群落  アカソ(手前の花)やテンニンソウなどの背が高くなる草は、「伊吹山ネイチャーネットワーク」や「伊吹山もりびとの会」の方たちが、ボランティアで刈っているそうです。おかげでピンク色の美しい野原が復元してきたそうです。

 

イブキトラノオとイブキアザミの群落

 

イブキトラノオとその蜜を吸うシラホシヒメゾウムシ

 

クルマバナ 霧に濡れて色っぽい♪

 

 

シオガマギクの葉 葉脈が深くくぼみ、固くプラスチックのようだ。

 

メタカラコウ 葉は深いハート型

 

花が咲くころには葉が枯れる 葉が無いのでウバユリ

 

これから咲きます、サラシナショウマ 珍しく一輪だけ咲いていました。

 

これはまた綺麗なオビヤスデ、キシャヤスデ(ババヤスデ科) 

昔は大発生して線路に入り、この死骸でレールが滑って、汽車を止めたそうです。

 

ゴホントゲザトウムシ 関東にはいない、体が大きいザトウムシです。クモに似ていますが、ダニに近い仲間で、ミミズやダンゴムシ、昆虫などを食べるおとなしいムシ。前から二番目の足が長いのが特徴です。

 

さて次回は。。。

白山へ行ってきますよ♪

どんな発見があるかな?! 楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

白山は白く美しい山、さすが花の百名山ですね〜♪

  • 2017.07.30 Sunday
  • 08:37

こんばんは 森林インストラクター岳です。

下見の日は雨、こんなもんですkamuleゲコ

 

 

ホラガイを吹くお坊さん達も一緒に登りました。

 

金沢駅からお客4人を乗せたバスは、一日の積載雨量が50mmを超えると白峰街道のゲートが封鎖され、その場合引き返すことになると運転手から通達され、おそるおそる大雨の中やってきたが、無事別当出合に到着した。(その後11:00以降〜翌朝まで閉鎖した)

つり橋を渡り、砂防新道へスタートする。

登山道は美しく、歩きやすく、安全快適だった。数十人の自衛隊新人訓練が、雨の中、レインウエアも着せられず、中飯場までやってきた。彼らの体からは湯気が出ていた。昼食を取って下山していった。

小雨も上がり、霧の中快適な登山となる。

 

約3時間後。。。

 

辺りは深い霧に包まれ、ホワイトアウトで自分の自炊小屋(白山荘)の位置もわからなくなりそうだ。

 

まずは白山神社にお参りしよう。

開山1300年の今年完成した、まばゆいばかりの奥社だった。

お参りを済ませ、くろゆりがデザインされた白山登山ピンバッジを購入した。

 

クロユリ

 

神社の裏庭はクロユリが一面に咲いていた。 白山を代表する花なんだなぁ〜♪

 

自炊小屋に案内された時は、宿泊客はまだボク一人だった。

天気が悪く、乾燥室に濡れたものを吊り下げた後やることがないので、明るいうちに夕食にしよう♪

後で写真を確認したら… なんと2:40pm、早い夕飯だった♪

まずレトルトのサトウのごはんをフライパンに空け、水をちょろちょろと加え、火に掛ける。

箸でお米がほぐれたら、大きめロッキーカップに移す。レトルトカレーをフライパンに空け熱する。

熱くなったら、生卵を割り入れ、ご飯を入れる。たったそれだけ。

ワインと一緒なら、なんだって最高のディナーになる手時々ウインクペコちゃんonpu03

 

翌朝、3:30amの太鼓を待っていたのだが鳴らず、5:00過ぎまで寝てしまった。

お日の出が出そうな晴れの日は、太鼓とともに起床し、神主さんと共に頂上、御前峰2,702mまで登り、

ご来光を拝みながら、朝のお話があるそうですよ♪ 今朝は雨でお休み。

 

朝食を済ませて荷物をまとめ、6時過ぎに出発。頂上〜御池めぐりコースを歩きます。

朝霧が消え、今日はサイコー♪の天気だ♪

小屋前では、みんなでラジオ体操をやっている。6:30am

 

沢山の棟がある室堂ビジターセンター、中に郵便局も入っている。「白山の花の絵葉書+切手セット」がなんと切手代(620円)だけで買える!これおススメ♪

 

別​山を見下ろす。昨日中飯場で知り合ったおばさん達、「明日、頂上で会いましょう」と約束した♪

 

 

 雲上の楽園

 

クルマユリの群落

 

 

山頂、御前峰にとうちゃーく♪

昨晩、自炊小屋・白山荘に泊まり、一緒に飲んだ仲間たち。

みきてぃ、はるちゃん、ひーやん 熊本、福岡、福島から自走してやってきたツワモノたち。

「サイコー♪の笑顔で♪(^‐^)v」

 

山頂の社

 

最高所の岩で

 

頂上から大汝峰方面を見下ろす 今行くぜ〜パンダ山♪

 

さすが2,700m、もちろん森林限界を超えてます。 

 

 

コイワカガミ燃ゆ

 

 白×青 うつくしーい♪

 

 

もう、日本の景色じゃなーい! でしょ♪

 

そう、トムラウシの北沼も、こんなに美しかったな〜♪

 

 

コケモモ野原​

 

ミヤマキンバイ バラ科

 

コイワカガミの群落

 

 

 

ニッコウキスゲ​野原

 

ハクサンフウロ

 

ハクサンコザクラ

 

ノビネチドリ どうもハクサンチドリは咲いていなかった

 

カライトソウ バラ科

 

ハクサンコザクラ群落

 

イワギキョウ

 

ミヤマキンポウゲ​

 

シナノキンバイ

 

ミヤマダイコンソウ

 

ハクサンフウロ

 

ヨツバシオガマ

 

ゴゼンタチバナ  ここ御前峰から命名された花です。

 

ハクサンシャクナゲ

 

センジュガンピ ナデシコ科

 

オオバミゾホオズキ

 

キバナノコマノツメ

 

ミヤマタネツケバナ アブラナ科

 

アオノツガザクラ ツツジ科

 

ミヤマダイモンジソウ ユキノシタ科

 

 

ハクサンオミナエシ

 

 

陸生マイマイの一種

 

クジャクチョウ

 

ボクの相棒たち Foxfire ZERO-DRYメッシュS/S、ZERO-DRYウールジップアップ、アルカンシェルJK。

ゴア・パックライト素材の下にはウールを着てほしい。ウエア内の結露を防ぎ、たとえ汗でウールが濡れても体が冷えない♪

ポリプロピレンのアンダーは体から水分をはがし、ウールへと移行するので、肌はジメジメしない♪ 

いつも山はこの組み合わせで歩いている。

 

 

 

さあ、白山へご一緒いたしませんか?ニコッ♪

8月12-13日開催、自然観察トレッキング・白山のご紹介です。

白山2,702mは日本三大霊峰(富士山、立山、白山)の一つ、百名山・花の百名山で有名です。

日本海側、石川県と岐阜県の県境に位置し、雪深いところで、登山バスが7月1日から開業。

今年は、室堂は10名で宿泊予約をいたしました。

現在参加者は9名。1名または2名募集いたします。

 

8月11日(山の日) 東京⇒金沢 各自、新幹線または夜行バスで移動してください。

◆12日(土)6:20am  金沢駅東口’鮖嚇仍灰丱江茲蠑譴暴弦 6:25発 北陸鉄道バス 別当出合行(片道2,200円、現金のみ)で出発いたします。

別当出合8:40着・トレッキングスタート→室堂13:10着/13:30出発→御前峰2,702m 14:10着→室堂15:00着 宿泊

 

◆13日(日) 3:00am起床・出発→御前峰にて4:30頃ご来光〜御池めぐりコース散策→室堂にて朝食6:30〜7:00  8:00下山開始→別当出合12:00着/13:30バス出発⇒金沢駅16:00着 お風呂、食事など。 新幹線または夜行バスで帰京。

 

◆参加費 8,000円(別途:AIU国内旅行傷害保険500円(※登山保険にご加入の方は無用です)、白山室堂 夕食・朝食付で8,100円(素泊まり5,300円)、昼弁当1,100円、別途交通費。) 

◆募集人数9名(最小催行人数は5名)

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、防寒着、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分1.5L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をお淹れします)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、山と高原地図「白山」とコンパス、植物図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験、登山保険の有無を教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬国立公園の3名山♪

  • 2017.07.24 Monday
  • 20:32

こんばんは 森林インストラクター岳です。

 

7月15−16日に、3度目の尾瀬国立公園へ行ってきました♪

 

メンバーは4名、トラのゆっこチャンは秋田から、同じくトラのとおるさん、シカのはるチャン、マーモットの中ちゃん(サブリーダー)、そしてモリアオガエルの岳でーすkamule

 

 

お決まりショット、浅草・隅田公園からのスカイツリー 5:50am 

今日は先端まではっきり見えています。 幸先良いスタート♪

6:30発、東武特急リバティに乗り込みます。

 

そして3時間後、会津高原尾瀬口着 9:40にシャトルタクシーに乗って、猿倉登山口へ約1時間。

 

 

これは珍しい、ショウキランです。しょっぱなから幸先良いですね〜♪

 

首長のギンリョウソウ まるで竜のごとくです。

 

かわいいオククルマムグラ クルマバソウの仲間 アカネ科

 

ムシカリ(虫狩り)状態だったムシカリ=オオカメノキ

 

小田代〜田代山湿原へ約2時間です。 1:10pm

 

サワラン

霧〜小雨が降って、いいお湿りです。

 

ニッコウキスゲが満開でした♪

 

 

ワタスゲとニッコウキスゲの共演♪

 

チングルマの穂

 

コウリンカが、下から咲きだしています。

 

モウセンゴケとヒメシャクナゲ

 

タテヤマリンドウ 

 

少し雨が降りました 涼しくなって

 

トキソウ

 

ワタスゲの楽園

 

 

帝釈山へ向かいます。

 

帝釈山は常緑針葉樹林の森でオサバグサで有名です。

花びらが少し残っていました。

 

これはまたわからないコケのような…

シダが一面に 湿度のある原生林です。

 

ズダヤクシュ(喘息薬種) ズダ=ぜんそくに効く薬草

後はカニコウモリ=カニ×コウモリの形の葉から

 

天気が良ければ、360度いろんな山が見えるはずでした、残念!

 

4:30pmに馬坂峠に会津タクシーに迎えに来ていただいて、檜枝岐の民宿たきさわへ。

温泉温泉に入ってのんびりビールして…

 

どこからどこまでが自分の料理なのか?すごい、山人(やもうど)料理のおもてなしでした時々ウインクペコちゃんonpu03

 

もうサイコー♪ の笑顔です♪

 

サンショウウオの天婦羅、岩名の塩焼、おさしみ、裁ちそば、はっとう、ワラビ、ゼンマイ、コゴミ、フキ、シイタケ、とうふ、ニシン、酒粕のハンバーグ、おこわ、杏子酒などなど16−7種類の御馳走が並んでいて、もう天国手kyu♪

ビールに赤ワインにウイスキーとどんどん進んで、

大音響のイビキにも負けずに爆睡。

 

翌朝は網戸から入る涼風と明るい日差しで、4:00amには快調な目覚めでした。

朝食はお弁当にして頂いて、6:00出発手ヤッタv

 

 

歩いて5分の滝沢登山口から会津駒ケ岳を目指します♪

行くぞー!!

 

水場で朝食8:00am、美味しいおにぎり、シャケ、から揚げなどお腹いっぱいになりました♪

民宿たきさわのおもてなしに感謝ですニコッheart

冷たい湧水でアイスコーヒーをお淹れしました手ニコッ♪大好評

用意したアイスカルピスも大好評でしたニコッ♪

 

ヤマトユキザサ

 

雪がほとんど無くなっていた!

 

ほんの2週間前までは… 6月27日は

 

ハクサンコザクラ

 

駒の小屋のテラスで昼食 はっとうとビールでカンパーイ♪

 

アイゼンつけて歩行練習

 

一時、ホワイトアウトになりながら… 頂上は近くて安心ニコッ♪

 

サクサクサクっと、アイゼン歩行は楽しいよね〜♪

 

駒の小屋のおこじょ 三橋さんご夫婦のようです。

 

駒の小屋をシュッパーツ

 

いつのまにナナカマドの葉が?! 尾瀬国立公園の粋な計らいです手kyuheart

 

下山途中で… あのプリン山が田代山だね〜♪

小尾瀬が頂上にあるのですよーき

 

 

 

 

 

 

 

 

遙かな尾瀬〜♪ アートしよ♪尾瀬

  • 2017.07.21 Friday
  • 04:07

おはようございます 森林インストラクター岳です♪

 

行ってきました尾瀬、至仏山

なかなか手ごわい、大した山でしたよ、至仏山。

あの暑さでゆう★

体感気温は25℃あるんじゃないかー?ってくらい暑くて…マイリマシタ汗

 

早朝の至仏山

 

さあ朝がはじまる♪ ヤマドリゼンマイと木道

 

ワタスゲ

なんと 白い虹が出たそうでーす♪

 

 

さあ、出発だー♪ チーム加賀谷はっちゃん♪ 東電小屋にて

 

 

 

 

逆さ至仏

 

迫ってきました至仏山♪ あのてっぺんまで行くのですから…

 

燧ヶ岳をバックに♪

 

 

みんな元気♪

尾瀬ヶ原を見下ろす 東電小屋、燧ヶ岳の左手前の小山、あそこから歩いてきたんですから〜ヤッタv♪スゴイ

 

蛇紋岩、険しい道

 

アキラクン、決めたぜー手kyu♪

 

雪渓、険しいところも有り

マッちゃん、ガンバレ♪

 

ヤッター♪ 至仏山とうちゃーく♪

 

シンガーソングハイカー加賀谷はつみ歌うニコッ♪

 

YUKAちゃんに助けていただいてheartサキ 大成功ーゆう★

 

それでは 尾瀬の花、行ってみよーう♪

 

オオバタチツボスミレ 湿原にて

 

ワタスゲの果穂 花ではありません

 

ニッコウキスゲも咲きだした♪

 

トキソウ 朱鷺の様に美しい♪

 

山菜の王 ギョウジャニンニク 炒めて食べたーい時々ウインクペコちゃんonpu03

 

レンゲツツジ

 

ヒオウギアヤメ 東電小屋近くにて

 

ハクサンチドリ

 

イワイチョウ 葉がイチョウの様だからの名

 

クモイイカリソウ 蛇紋岩変形植物 他の地域から入り込んだ植物が、至仏山特有の蛇紋岩地帯に適応して変形したもの。

 

オゼソウ ちょっとピンぼけ  蛇紋岩残存種 

超塩基性の蛇紋岩、鉄やマグネシュウムイオンが植物の生育を妨げ、下界からの植物の侵入を妨げ、氷河期に広く栄えた植物が取り残された。

 

ヨツバシオガマ

 

タカネシオガマ 

 

ジョウシュウアズマギク 蛇紋岩変形植物

 

エーデルワイスの仲間 ホソバヒナウスユキソウ 至仏山を代表する蛇紋岩変形植物

 

ハクサンイチゲ

 

チングルマ

 

ミツバノバイカオウレン 蛇紋岩変形植物 茎が赤くなる

 

 

ユキワリソウ

 

ハクサンコザクラ

 

シラネアオイ 一株だけ残っていた♪

 

ジョウエツキバナノコマノツメ 蛇紋岩変形植物

 

加賀谷はっちゃんとチームFoxfire手ニコッ♪

 

 

さて次回は。。。

白山へ行きませんか?

8月12-13日開催、自然観察トレッキング・白山のご紹介です。

白山2,702mは日本三大霊峰(富士山、立山、白山)の一つ、百名山・花の百名山で有名です。

日本海側、石川県と岐阜県の県境に位置し、雪深いところで、登山バスが7月1日から開業、去年は下見に行けず断念いたしました。

今年は、山の日(8/11)からのハイシーズンに開催です。室堂は10名で宿泊予約をいたしました。

現在参加者は9名。開催決定いたしましたので、残り1名のみ募集いたします。

 

8月11日(山の日) 東京⇒金沢 各自、新幹線または夜行バスで移動してください。

◆12日(土)6:05am 金沢駅東口集合 6:25発 北陸鉄道バス 別当出合行(片道2,200円、現金のみ)で出発します。

別当出合8:40着・トレッキングスタート→室堂13:10着/13:30出発→御前峰2,702m 14:10着→室堂15:00着 宿泊

 

◆13日(日) 3:00am起床・出発→御前峰にて4:30頃ご来光→室堂にて朝食7:00〜8:00 出発→御前峰2,702m〜御池めぐりコース散策→室堂/10:00 下山開始→別当出合13:00着/13:30バス出発⇒金沢駅16:00着 食事など自由行動、新幹線または夜行バスで帰京。

 

※夜行バス 例:北陸鉄道バス(076−234−0123)の場合。

 往き:JR八王子21:40⇒渋谷マークシティ5F 22:45発⇒金沢駅東口 6:00着

 帰り:JR金沢駅22:50⇒渋谷マークシティ5F 6:05着

 

◆参加費 8,000円(別途:AIU国内旅行傷害保険500円(※登山保険にご加入の方は無用です)、白山室堂 夕食・朝食付で8,100円(素泊まり5,300円)、昼弁当1,100円、別途交通費。) 

◆募集人数9名(最小催行人数は5名)

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、防寒着、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分2L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をサービスいたします♪)、レジャーシート、虫よけスコーロン、ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるためには必須)、山と高原地図「白山」とコンパス、植物図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪
 

ゆう★お申し込みは 森林インストラクター岳 永田岳夫 080‐3005‐1874
 nt121212@white.plala.or.jp もしくは携帯メール:nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp まで。
〇臆弾〒住所(記念写真をお贈りしますサキ)氏名づ日連絡できる携帯電話番号&携帯メールアドレス年齢
これまでの登山経験などを教えてください。

 

ご参加お待ちしていまーす手ニコッ♪

 

 

 

 

会津駒ヶ岳へ行ってきました♪ 〜第二弾〜

  • 2017.07.03 Monday
  • 22:11

こんばんは 森林インストラクター岳です。

 

浅草の朝 5:50am  スカイツリーは霧の中

静かに山旅がはじまる。

 

新型車両、特急リバティ101号 6:30am出発です。

 

 

快適なシート、新車の匂い

 

いつも東武浅草駅前、道路向いのヤマザキ・デイリーストアで朝食を買って乗ります。総菜パンが安くて美味しいですよ〜♪

ヨモギ・豆大福もオリジナルでつい手が出てしまう。

 

やってきました♪ 檜枝岐滝沢登山口11:00am ここまで実に4時間半

快晴 今年はなかなか梅雨に入りませんね〜♪

 

水場のベンチで昼食 1:20pm

ブユがいっぱいで、他のグループはそそくさと出発

汗をかいたカットソーから、このために用意してきたスコーロン・フードパーカーに着替えて、

のんびりお湯を沸かし、コーヒータイム。

いつの間にかブユの羽音が聞こえなくなりました。効果は抜群だー♪

 

水場で初めて見た、小ぶりなシラネアオイ

 

コメツガ、オオシラビソの尾根まで上がってくると雪が現れました。

 

雪形 駒かな?

 

 

オオシラビソの森 カフェモカの様ないい香り♪ 涼しげなたたずまい

 

遠く燧ヶ岳を望む。 雪形の燧ばさみが見えます。 しばやすぐら、まないたぐらの双耳峰

 

完全に雪山になってしまいました。

 

最後に雪渓の急斜面が… 6本ヅメアイゼンとポール持ってきて良かった〜あ

 

もう目の前、駒の小屋♪ ログハウスのおしゃれな佇まい。

雲がいいねー♪

 

三角点ゲット♪ 相棒たちと 駒の小屋にチェックインを済ませ、ウエルカム・ラガーをいただいて…

雪の原を勢いで登ってきました。でも20分足らずです。

日が長くなりました 4:08pm

 

中門岳は雪の中

とても6本ヅメとトレッキングポールで行く勇気はありませんでした。

 

ハイ♪ サイコー♪ の笑顔でニコッ♪

日の明るいうちに夕食を 4:30pm 日没は7時すぎだそうです

6月27日、駒の小屋宿泊者はボクを入れて3組でした。 のんびりくつろげました♪

真ん中は駒の小屋のご主人、三橋さん

 

ビールに日本酒 気持ちい〜いニコッ手

先輩がたにいろいろごちそうになっちゃいました時々ウインクペコちゃんonpu03

 

くまの小屋?!

 

ランプの小屋なのだー♪

水は貴重な天水のみ、自炊部屋があります。

ふかふかのふとんがあります。部屋は暖かく毛布は使いませんでした。

 

 

そうです、私もヤッタv

 

そのとおりkyu手

 

オリジナル商品がいろいろ 奥様こだわりのオリジナルブレンドコーヒーと野沢菜ふりかけが美味しいよ〜時々ウインクペコちゃんonpu03

 

トイレはチップ制だよ♪

 

燧ヶ岳は隠れちゃいました。

 

 

次回の予告。。。

尾瀬国立公園には名山が沢山あり、同じく日本百名山の会津駒ケ岳や、花の名山、湿原で有名な帝釈山〜田代山、三山をご案内いたします♪ そうなんですヤッタv矢印上 7月中旬は花のベストシーズンなのですニコッ♪

 

7月15−16日(土・日) 自然観察トレッキング・会津駒ケ岳2,133m、帝釈山〜田代山 中級コース

◆集合場所・行程。。。 

15日 東武浅草駅6:15頃集合 東武特急リバティ101号 6:30発(各自ご予約お願いいたします。東武トップツアーズWEB販売センター 03−5843−9614 カード決済可。) 

⇒会津高原尾瀬口9:22am着 タクシー出発9:30⇒猿倉登山口10:10着 →小田代12:00 →田代山1,926m 12:30/お昼休憩後1:30pm出発→田代山避難小屋 2:00pm→帝釈山2,060m 3:30下山→馬坂峠 4:00pmタクシー出発⇒檜枝岐民宿 たきさわ5:00pm着 宿泊

16日 檜枝岐民宿6:30am  登山口7:00→水場8:30→駒の小屋着10:00am着→会津駒ケ岳山頂10:30am→駒の小屋着11:00/お昼休憩11:45→大津岐峠1:30pm 下山開始→キリンテ着 4:00pm

檜枝岐バス停 4:30pm発⇒会津高原尾瀬口 5:50pm着

会津高原尾瀬口 18:11発 東武特急リバティ(3時間)⇒浅草21:15着

 

◆エントリーフィー9,000円(別途 AIU国内旅行傷害保険500円(登山保険加入済みの方は無用) 檜枝岐民宿たきさわ泊8,000円、お弁当700円、東武電車&バス往復11,500円、会津高原尾瀬口〜猿倉登山口 タクシー代2,500円、馬坂峠〜桧枝岐 タクシー代約2,000円)

◆募集人数10名(最少開催人数5名)、

◆持ち物…トレッキングシューズ、レインウエア上・下、軽アイゼン、帽子、ヘッドライト、昼食、行動食、水分1.5L以上、マグカップ(温かいコーヒーor紅茶をサービスいたします♪)、レジャーシート、虫よけスコーロンが有効です♪、防虫ウェットティッシュorスプレー)、メモ帳&ペン(植物や鳥の名前を憶えるために必須)、山と高原地図「尾瀬」とコンパス、大人の遠足Book『尾瀬 植物手帳』図鑑、デジカメ、双眼鏡、虫メガネなどがあるとより深く自然を楽しめます♪
◆お申し込みは。。。
森林インストラクター岳 080−3005−1874/nt1212123take(あっとまーく)ezweb.ne.jp
nt121212@white.plala.or.jp 〇臆弾 〒住所(後日、記念写真をお贈りいたします♪) 氏名 づ日ご連絡できる、携帯アドレスまたは番号ゥ瓠璽襯▲疋譽広η齢 Г海譴泙任療仍碍亳海覆匹鬚知らせください。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM